住宅のプロに聞いた ハンターストーブ アスペクト8 詳細レビュー

取材先紹介


今回お話を伺ったのは内保製材株式会社 専務取締役の川瀬 文明さん

今年で創業72年目を迎える滋賀県長浜市の工務店で、地元を愛し、琵琶湖周辺ならではの豊かな暮らしを、住宅建築で提供しています。

大量生産大量消費で失われた本来の家の機能・役割を取り戻し、次世代に繋ぐという理念に基づき、自然と触れ合い、豊かなこころや感性を育む「感響の家」などを手掛けていらっしゃいます。


また、住まいの相談会など工務店ならではのイベントを始めとして、暮らしの豊かさや感性を育むイベントを主催したり、地域の方のイベント開催場所としてモデルハウスを提供したりと、人の暮らしや地域のつながりに焦点を当てた活動を積極的に行っている、地元で長く愛されてきた工務店です。








▮ ASPECT 8について


ASPECTシリーズは、ASPECT 5、ASPECT 8、ASPECT 14の3サイズ展開で、今回ご紹介しているのはミドルクラスのASPECT 8。

大きなガラス面と、シンプルなデザインが特徴で、シリーズ全機種シールド類、外気導入、ログストアを標準搭載しております。






▮ インタビュー動画


インタビューではASPECT 8を導入していただいたきっかけ、実際に扱ってみた所感など、薪ストーブを設置してきた、住宅のプロならではの視点で、お話いただきました。



ロケ地「試住モデルハウス 響の杜」


ASPECT 8を展示しているのは、内保製材株式会社の「試住モデルハウス 響の杜 Sustainable Labo」。

木材、間取り、構造…

神は細部に宿るという言葉がぴったりのモデルハウスのコンセプトは「試住」で、実際に宿泊体験することができます。

また、「オール電気」住宅ではなく、「オール太陽エネルギー」住宅への挑戦的な取り組みにもぜひ注目していただきたいです。


「試住モデルハウス 響の杜 Sustainable Labo」では見学・試住の際にもASPECT 8の焚き付けや暖かさを体感していただけます。

滋賀県長浜市近郊でマイホーム新築、リフォーム、リノベーションをお考えの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。


【お問い合わせ先】

会社名:内保製材株式会社

住所:滋賀県長浜市内保町7

HP:https://www.uchiboseizai.com/


閲覧数:205回